美容代と洋服代のコストがかさみます。

自分にかかる費用で高いなと感じるものは、洋服代と美容代です。
美容院は毎月通っており、そこでトリートメントやカラーリング、パーマなど施術内容によって2万円近くかかってしまう場合もあります。
しかし長年通っているお店で、とても高い技術を持った方が担当してくださるので、稀に違うお店へ行ったりもしていたのですが、結局こちらの方が料金は高いのですが、技術やサービスが非常に良いので、通い続けています。
ただ、現在の自宅からは距離があるので、毎回の交通費も数千円発生します。
また、洋服代はできるだけ買わないよう、増やさないようにしているのですが、バーゲンの時期、特に夏と冬になると、価格が下がるため、つい洋服のみならず、靴やアクセサリーなど小物類もあわせて購入することが多いです。
バーゲン時期以外はカジュアルな服装で済ますことが多く、ユニクロやグローバルワークなどでベーシックなタイプで着まわせるものを購入していますが、バーゲンの時期はつい財布の紐がゆるみがちになってしまいます。
しかも、この時は普段は行ったことのないお店や、買ったことのないシルエットの服など、安いから、という理由だけで購入してしまうことがほとんどなので、後から着まわせないものだったり、サイズが微妙に合わなかったり(普段購入していないメーカーだとサイズ感が異なるため)、そして似合わなかったりして、結局着なかったり使わなかったりするケースが多いです。
ひとつひとつの商品はバーゲン品なので安いのですが、数が多くなるとトータルのコストがかさんで、クレジットカードの請求書を見て驚いてしまうことがあります。
最近のバーゲンは規模も縮小気味で、昔よりかは品数も減り、値下がり率も30%程度が中心と、低かったりするので、昔よりも購入品数は少ないとは把握しているのですが、トータルコストはそれ程安くないので、バーゲンでもお得感が減ってきているのだな、と感じます。
そのため、そろそろ購入の仕方について検討すべき時期にきているのでは、と感じてはいます。